TOP

ノンメタル治療

〜見た目的にも機能的にも優れた人工物〜

ノンメタル

銀歯はよく用いられる材料ですが、精度があまり良くなく、隙間ができやすい素材です。また一般的に使うセメントは経年劣化しやすく、これも歯との間に隙間ができる原因です。するとそこにプラークや虫歯菌が入り、中で虫歯が再発しやすくなります。

また、銀歯はゆっくりと口の中で溶け出しイオン化します。それが体内に溜まると金属アレルギーを発症しやすくなります。金属アレルギーは口の中だけでなく。手や首など直接接触していないところにも症状が出ることがあります。原因不明の肌のかゆみやかぶれは、お口の中の銀歯が原因かもしれません。

治療した歯が長持ちするかどうかは、まず人工歯の精度とともに歯との接着技術にもかかっています。メタルフリー治療は保険診療と比較すると治療費は高額になりますが、見た目の白さだけでなく、再治療のリスクも抑えることができます。

被せ物比較模型
被せ物比較模型
セラミッククラウン完成図(SHAPES代表 石井作製)
セラミッククラウン完成図(SHAPES代表 石井作製)