TOP

再植・移植について

〜抜歯と言われた歯でも諦めないでください〜

歯が無くなると、治療法としてブリッジやインプラント、義歯で補うようになります。それぞれメリットはありますが、デメリットもあります。ブリッジや義歯は周りの歯の負担が増えて虫歯や歯周病になるリスクが上がります。インプラントはご自身の歯と比べると歯周病になりやすい側面があります。

再植

再植は抜歯と言われた歯を管理しやすい位置に移動する方法で、抜歯と言われた歯でも再利用できる可能性がある方法です。

歯牙移植

移植は噛んでいない歯を無くなってしまった部位に移す方法です。

いずれも条件はありますが、うまくいけば昔のように自然に使える治療です。噛む歯が減ってお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。