TOP

抜歯後の処置

〜歯が無くなったらどうしたらいい?〜

当院では、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、ブリッジ、入れ歯、インプラント、移植の処置を提案させていただいております。

ブリッジ

無くなった歯の周りの歯を削り、大きな被せ物で補う処置です。保険での処置が可能なため、比較的安価に治療が可能ですが、周りの歯を大きく削るため、汚れが溜まって虫歯や歯周病のリスクが高かったり、保険処置では金属の色が目立ちます。
【自費診療あり】

義歯

保険での処置が可能なため、比較的安価に治療が可能で、取り外しができるので掃除が簡単ですが、支える歯が悪くなったり、違和感が大きいです。
【自費診療あり】

インプラント

周りの歯を削らずに、ご自身の歯と同じように使えます。しっかりケアする事で、長期的に安定した食生活が送れます。
【自費診療のみ】

歯牙移植

歯が無くなってしまったところに、残っている親知らずや噛む相手のいない歯を移植する方法です。外科処置になりますが、昔と同じように噛む事が可能です。
【一部自費診療】